国内学会・ワークショップ

  1. "Receptivity and Innovation (with Kenji Sato)," 経済理論・政策ワークショップ (青山学院), 2016年5月20日. 
  2. "Inflation, Unemployment and Economic Growth in a Schumpeterian Economy (with Angus C. Chu and Guido Cozzi)," 現政研セミナー (早稲田大学), 2015年10月9日. 

  3. "Receptivity and Endogenous Technological Progress," YNU Economics Workshop, 2015年3月4日. 
  4. "Perpetual Leapfrogging in International Competition," 関西マクロ経済学研究会, 2014年11月14日. 
  5. "Perpetual Leapfrogging in International Competition,日本国際経済学会中部支部春季大会, 2014年6月21日. 
  6. "Perpetual Leapfrogging in International Competition,RoMacS (神戸大学), 2014年6月13日. 

  7. "Perpetual Leapfrogging in International Competition," 14th Market Quality Workshop(KIER Tokyo Office), 2013年3月19日. 
  8. "Knowledge spillovers and perpetual leapfrogging in international competition," NIESG (Nagoya International Economics Study Group), 中京大学, 2012年3月5日. 
  9. "Knowledge spillovers and perpetual leapfrogging in international competition," Market Quality Theory Workshop, 京都大学経済研究所グローバルCOE東京三田オフィス, 2012年2月29日. 
  10. "Knowledge Spillovers in the Overtaking Process of National Technological Leadership," Chukyo-Kyoto International Conference on International Trade and Macroeconomic Dynamics in celebration of Professor Ronald W. Jones's 80th Birthday, 名古屋都市センター&ANAホテルグランコート, 2011年11月18日.  

  11. “Innovation through Global Collaboration,” 京都大学マクロ経済学研究会, 2011106日.
  12. “Innovation through Global Collaboration,” IIRサマースクール, 一橋大学佐野書院, 2011824日.
  13. “Private Incentives and Legal Protection for Intellectual Property Rights,” 国際貿易と企業特性に関する理論的・実証的研究(京都大学経済研究所・中京大学経済研究所共催コンファレンス),中京大学,2011122日.
  14. “Growth and Welfare Effects of Patentability and Knowledge Spillover of Basic R&D,” 中京大学,NIESG (Nagoya International Economics Study Group) カンファレンス,20101225日.
  15. “A Theory of Innovation through Global Collaboration and Wage Inequality,” 神戸大学,2009年度日本応用経済学会秋季大会,20091123日.
  16. “Intellectual Property Rights and Endogenous Appropriability in a North-South Model,” 東北大学,NIESG (Nagoya International Economics Study Group) カンファレンス,2009620日.
  17. “Survival of Innovation with Endogenous Appropriability,” 2009年度日本経済学会春季大会(京都大学)にて報告,200967日.
  18. “Innovation through Global Collaboration,” 京都大学経済研究所,国際貿易と企業ワークショップ,2009120日.
  19. “Intellectual Property Rights and Technological Openness,” 愛知大学,NIESGNagoya International Economics Study Group)カンファレンス,20081223日.
  20. “Intellectual Property Rights and the Standardization of Technology,” 北海道大学,Summer Workshop on Economic Theory (SWET), 200784日.
  21. “A Model of Innovation, Standardization, and Imitation: the Effects of Intellectual Property Rights Protection,” 2006年度日本経済学会秋季大会 (大阪市立大学) にて報告.
  22. “The Protection of Intellectual Property Rights and Endogenous Growth: Is Stronger Always Better?” 2006年度日本経済学会春季大会 (福島大学) にて報告.
  23. 「インフォーマルセクター,都市化,および経済成長」,2005年度日本経済学会秋季大会 (中央大学) にて報告.
  24. 「内生的成長,非決定性,および景気循環」,2005年度日本経済学会春季大会 (京都産業大学) にて報告.
  25. 「プロダクト-プロセスイノヴェーションの相互作用と経済成長」,2003年度日本経済学会春季大会 (大分大学) にて報告.

セミナー、ワークショップ

大阪大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、中央大学、名古屋市立大学、一橋大学、横浜国立大学、早稲田大学

What's new?

2017年11月29日 (水) ~12月12日 (火): 

パリ・ドフィーヌ大学 (Université Paris-Dauphine) に招聘教授(Invited Professor) として滞在します。