『市場の質の法と経済学に関するエビデンスベースポリシー研究』

経済産業研究所 (RIETI)でのプロジェクト

 

 

★概要はここ

 

★古川の紹介はここ

 

★プロジェクト紹介コラムはここ 

 

研究成果

Two-dimensional Constrained Chaos and Time in Innovation: An analysis of industrial revolution cycles (with Makoto Yano), RIETI Discussion Paper Series 19-E-008, February 2019. 

 

ノンテクニカルサマリーはここ

 

ざっくり、産業革命のような大規模なイノベーションは、なぜ波を成して、繰り返し起こるのか?

 

 

研究成果

Novelty-seeking Traits and Innovation (with Tat-kei Lai and Kenji Sato), RIETI Discussion Paper Series 18-E-073, October 2018. 

 

比較的かみ砕いて書いた研究内容はここ(ノンテクニカルサマリー)に。

 

ざっくり、「新しいモノ好き」な国民性は、その国のイノベーションとイノベーションが牽引する経済成長を促進するのか?

What's new?

2019年7月: 「新しいモノ好きな国民性」が経済の研究活動に与える影響に関する実証論文が Applied Economics Letters にアクセプトされました:

Novelty-Seeking Traits and Applied Research Activities," Tat-kei Lai and Kenji Sato との共著です。

2019年9月9日・10日: 

10th International Conference "Economics of Global Interactions" (バーリ、イタリア) にて "Is Income Inequality Always the Fellow Traveler of Average Consumption Growth? A Demand-Side Story (with Martine Carre)" を報告する予定です。