市場高質化による自己増殖型変化への対応の文理融合研究

活動期間: 2020年7月20日~2022年6月30日 (予定)

現代の日本経済が直面している大きな問題は「垣根」という言葉で表現できる。人文科学と自然科学の間、法学と経済学の間、理論と実証の間など、社会のさまざまな部分を隔てる垣根を取り払わずに、力強く健全な発展と成長は考えられない。 COVID-19の発生とIT-AIセクターの急速な技術進歩に直面して、必然的に社会は劇的な変化をとげると考えられる。このような状況において、社会的活動と科学的活動が高質な市場によってつながる新しいソシオ・エコシステムを開発するこが急務である。このプロジェクトは、そのようなエコシステムの青写真を描くことを目的とする。

 

市場の質理論の中核には、「高質な市場が健全な開発と成長の前提条件である」、「優れた市場インフラは、高質な市場の前提条件である」という2つの命題がある。市場インフラは、経済的要素だけでなく法律や制度、さらには科学技術や文化的慣習など、市場における人々の活動を取り巻く幅広い要素を包含する概念である。この研究プロジェクトでは、急速に進化するAIとCOVID-19の感染拡大を指数関数的な自己増殖型変化としてとらえ、市場の質理論の観点から、現代社会が抱えるさまざまな問題を研究し、ソシオ・エコシステムの青写真を提示する。

 

 

★紹介ページはここ

 

★古川の紹介はここ

 

 

近況

今後の予定

とくになし