目標: from 八方美人 to 厚顔無恥

いつからか「八方美人」を目標に設定して、今日までのこのこ、と。今日、目標を、「厚顔無恥」に変更しよう。以前にある友人が、研究者は厚顔無恥なくらいのほうがいい、と酔っぱらってつぶやいていたのが頭に残っていました。ちかごろ、、、人生の目標が厚顔無恥なんだったらまあそりゃしょうがねえか、、、とでも思わないとやりすごせない事態が多発している。

 

(写真はとあるなつかしい場所。)

 

中学生とか高校生とか大学生とかのころ苦しんでいたのは、「自分がやりたいこと」と「自分がやれること」のギャップのいかに大きいか、ということだったのですが、最近、このギャップがアップデートというかアップグレードというか、された気がしていて、「自分がやれると信じていたこと」と「自分がやれること」のギャップっていう、これもね、、、

What's new?

2019年8月: 国際的な英文査読付き学術雑誌 Economic Modelling のAssociate Editor に就任しました!

2019年7月: 「新しいモノ好きな国民性」が経済の研究活動に与える影響に関する実証論文が Applied Economics Letters にアクセプトされました:

Novelty-Seeking Traits and Applied Research Activities," Tat-kei Lai and Kenji Sato との共著です。

2019年9月29日 (日): 日本国際経済学会第78回全国大会 (JETRO) 貿易分析のフロンティアセッション にて、新しいモノ好きな国民性と技術波及に関する研究を報告します。

2019年10月12日 (土): 2019年度日本経済学会秋季大会 (神戸大学) にて討論者を務める予定です。

2019年10月18日 (金): マクロ経済学研究会 (大阪大学中之島センター)にて研究報告をします。