漁船から直接から海老を買って

食べたら、大変うまかったです。

 スティーブストンという、歴史的に日本にゆかりのある漁村に行きました。まさに、フィッシャーマンンズ・ワーフ、という感じで、桟橋に漁船がいっぱいとまっていて、それぞれの船で、シーフードが売られていて、桟橋歩いて魚眺めてるだけで、楽しい。よさそうなレストランも結構あったり、あと、Pajo's という名の店のフィッシュ&チップス、おいしかったです。魚の種類を選べるのが楽しくて、タラ、オヒョウ、サケ、みたいに。ぼくはオヒョウが上品で好きです、が、おなかがすいてると、タラもいいです。サンフランシスコのフードコートでフィッシュ&チップスを食べたときも、魚種が選べた気がします、たしか。シーフード、というか、漁、が売り物の町に共通する特徴なのかな、、、そう、あと、日によっては、いくら、や、うに、が売ってたりするらしく、、、期待は膨らむばかりです。

 なお、スティーブストンからの帰り道、疲れのせいか、海老をたべたい気持ちがはやったせいか、4回くらい高速のあれこれで間違えて、予定の倍以上の時間を費やした。

What's new?

2018年8月: パリドフィーヌ大学に招聘教授として滞在します。

2018年度春学期、続いてます、夏を夢見て、、、

 担当科目:マクロ経済学入門、経済数学I、経済成長論、入門ゼミ、演習II、演習III、経世済民の学び(一回分)、経済数学・代数(愛知大学)、経済数学・解析(愛知大学)、経済解析II(名古屋大学)。