量と質

最近考えている(どうでもいい)こと。一般に言って、量が増える⇒質が低下する、という因果関係は成立する傾向にあるのでしょうか、、、さらっと見れば雰囲気的にはなるほどっていう響きはあるけど、、、なんかひっかかる。こういうどうでもいいことが、非常に気になる。(むかしから、テスト前とか、、、、気が重くなるようなイベントの直前は、いっつもこうだった。)

 質が低下(することを許容する)⇒量が増える、という逆の因果関係の方は明らか、というか、理論的にはすっきり、、、すっきりしてる気が、、、気がする。たとえば、最近ちょっと調べた、(米国の)特許の取得数と質、とかだとどうなんだろう。まあ質をどう計測するのか、っていうまた別の、、、や、被引用回数で測るとして、どうなんだろう。もし「大量 ⇒ 低質」っていう因果関係があったとして、その背後にあるもっとも有力なメカニズムって、どんなんだろう。モニタリングコストの上昇なのかな、あるいは、、、ええっと

What's new?

2019年7月: 「新しいモノ好きな国民性」が経済の研究活動に与える影響に関する実証論文が Applied Economics Letters にアクセプトされました:

Novelty-Seeking Traits and Applied Research Activities," Tat-kei Lai and Kenji Sato との共著です。

2019年9月9日・10日: 

10th International Conference "Economics of Global Interactions" (バーリ、イタリア) にて "Is Income Inequality Always the Fellow Traveler of Average Consumption Growth? A Demand-Side Story (with Martine Carre)" を報告する予定です。

2019年9月29日 (日): 日本国際経済学会第78回全国大会 (JETRO) 貿易分析のフロンティアセッション にて、新しいモノ好きな国民性と技術波及に関する研究を報告します。

2019年10月12日 (土): 2019年度日本経済学会秋季大会 (神戸大学) にて討論者を務める予定です。

2019年10月18日 (金): マクロ経済学研究会 (大阪大学中之島センター)にて研究報告をします。