総括2012

4月からカナダに滞在して、9か月が過ぎました、、、いろいろなことがあったような、たいしてなんにもなかったような、今の時点ではなんともよくわからないのですが、一つ言えるのは、現在のなんともいえない状況に慣れることができた、といいますか、慣れてしまった、といいますか、、、いずれにしても、今年もまた、不意に発生するさまざまなイベントを楽しみながらやり過ごしつつ、修養を積む1年にしたいです。

 そんななか、いくつか研究プロジェクトをすすめてきました。ちゃんと仕事を、飲み食いばかりじゃないぜ、というところを、さりげなくアピールいたしますと、、、4本のディスカッション・ペーパーを公開: 

  1. Perpetual Leapfrogging in International Competition, MPRA Paper 43029, revised December 2012. 
  2. From China with Love: Effects of the Chinese Economy on Skill-biased Technical Change in the US (with Angus C. Chu and Guido Cozzi), MPRA Paper 40555, August 2012.
  3. The Struggle to Survive in the R&D Sector: Implications for Innovation and Growth, CUIE Paper 1203, August 2012.
  4. Patents versus Subsidies in a Schumpeterian Growth Model with Endogenous Market Structure (with Angus C. Chu), MPRA Paper 41083, August 2012. 

まだ書ききれてないものも数本、、、の中で、すでにプレゼンテーションされているものは2本。(共著者のプレゼンも含めて。)

  1. Chaotic Industrial Revolution Cycles and Intellectual Property Protection in an Endogenous-Exogenous Growth Model (with Makoto Yano)
  2. Technological Change and International Interaction between Environmental Policies (with Yasuhiro Takarada)

まだまだこれから、というのもけっこうあって、、、犯罪についてであったり、アウトソーシングについてであったり、、、あとは、発明、特許の幅(breadth)、市場の質。今年も研究三昧します!そしていつか結果がついてくることを祈りつつ、、、

 

What's new?

2019年7月: 「新しいモノ好きな国民性」が経済の研究活動に与える影響に関する実証論文が Applied Economics Letters にアクセプトされました:

Novelty-Seeking Traits and Applied Research Activities," Tat-kei Lai and Kenji Sato との共著です。

2019年9月9日・10日: 

10th International Conference "Economics of Global Interactions" (バーリ、イタリア) にて "Is Income Inequality Always the Fellow Traveler of Average Consumption Growth? A Demand-Side Story (with Martine Carre)" を報告する予定です。

2019年9月29日 (日): 日本国際経済学会第78回全国大会 (JETRO) 貿易分析のフロンティアセッション にて、新しいモノ好きな国民性と技術波及に関する研究を報告します。

2019年10月12日 (土): 2019年度日本経済学会秋季大会 (神戸大学) にて討論者を務める予定です。

2019年10月18日 (金): マクロ経済学研究会 (大阪大学中之島センター)にて研究報告をします。