さいきん

風邪がだいぶ治った。が、まだ朝起きると喉の状態が最悪だ。

 前触れもなくひそかに「Good news がないかぎりもうブログを書かないぞ」となんとなくかたく誓ってみたのですが、このままだと永遠に書けそうにないから、あっさり自己規制を解除してしまい。2点ほど。

1.論文をかいたので、、、

Chu Angus, Cozzi, Guido, and Furukawa, Yuichi, 2013. "A Simple Theory of Offshoring and Reshoring," MPRA Paper 44557

 

  • なぜリショアリング (reshoring)が発生?
  • リショアリング って? これまで急速に増加してきたアメリカの製造業における中国への オフショアリング (offshoring) が反転して、製造業が中国からアメリカに戻ってくる現象。
  • 話題になってる?:いろいろな記事で取り上げられている話題のトピック。最近のだと、The Economist (2013) など、、、
  • 我々の理論は、Grossman and Rossi-Hansberg (2008) をベースに、オフショアされる側の国(中国)の資本蓄積に、リショアリングの要因を求めています。

2. 牡蠣について。大学時代にひどくあたった経験があり、それ以来避けてきた。でも最近、や大丈夫なんじゃないかな、と何の理由もなく確信を持ち始めた。そして、知人が推薦してくれた

Rodney's Oyster House

にいった。生牡蠣に挑戦した。翌日、翌々日の予定を空けて、、、

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Nerissa Seely (金曜日, 03 2月 2017 08:52)


    I constantly spent my half an hour to read this blog's posts all the time along with a mug of coffee.

  • #2

    Kisha Schwein (火曜日, 07 2月 2017 16:47)


    Awesome blog! Is your theme custom made or did you download it from somewhere? A design like yours with a few simple tweeks would really make my blog jump out. Please let me know where you got your design. Thank you

What's new?

2019年8月: 国際的な英文査読付き学術雑誌 Economic Modelling のAssociate Editor に就任しました!

2019年7月: 「新しいモノ好きな国民性」が経済の研究活動に与える影響に関する実証論文が Applied Economics Letters にアクセプトされました:

Novelty-Seeking Traits and Applied Research Activities," Tat-kei Lai and Kenji Sato との共著です。

2019年9月29日 (日): 日本国際経済学会第78回全国大会 (JETRO) 貿易分析のフロンティアセッション にて、新しいモノ好きな国民性と技術波及に関する研究を報告します。

2019年10月12日 (土): 2019年度日本経済学会秋季大会 (神戸大学) にて討論者を務める予定です。

2019年10月18日 (金): マクロ経済学研究会 (大阪大学中之島センター)にて研究報告をします。