カナダでの一年間

ブログを振り返って、、、暗い。たまにはしゃいでるけど、その唐突さがかえって不気味さを助長してる気がして、むずかしいですね。さてと。以下から本文ということで、、、

 

いろいろな人たちに支えられて、どうにかこうにかやってきた、というのが実感です。この場を使って、こっそり、ありがとうを言わせてください。

 不思議な体験をいっぱいしました。出来ると思っていたことが唐突に出来なくなったり、ふとした瞬間に出来るわけないようなことが出来てしまったり、でもちょっと自意識が芽生えるとやっぱり出来なくなったり、といったサイクルが、つらかったような、楽しかったような。

 本質的な問題は、(これらももちろん重要ですが)英語やコミュニケーション能力ではない気がしています。日本にいても同じことなのかな、総合力というか、「まわりを巻き込んでしまう目に見えない何か」が決定的に大事で、僕に欠けているものだという認識です。今年度も、いろいろ考えを深めていきたいです、ずいぶん漠然とした抱負だけど。

What's new?

2019年7月: 「新しいモノ好きな国民性」が経済の研究活動に与える影響に関する実証論文が Applied Economics Letters にアクセプトされました:

Novelty-Seeking Traits and Applied Research Activities," Tat-kei Lai and Kenji Sato との共著です。

2019年9月9日・10日: 

10th International Conference "Economics of Global Interactions" (バーリ、イタリア) にて "Is Income Inequality Always the Fellow Traveler of Average Consumption Growth? A Demand-Side Story (with Martine Carre)" を報告する予定です。

2019年9月29日 (日): 日本国際経済学会第78回全国大会 (JETRO) 貿易分析のフロンティアセッション にて、新しいモノ好きな国民性と技術波及に関する研究を報告します。

2019年10月12日 (土): 2019年度日本経済学会秋季大会 (神戸大学) にて討論者を務める予定です。

2019年10月18日 (金): マクロ経済学研究会 (大阪大学中之島センター)にて研究報告をします。