その後

いまでも電話がなると、反射的にどきっとします。だれからだろう、何の用だろう、Hello って言ったあと何て言われるのかな、いや、そもそも聞きとれるかな、といったことがとっさに頭をよぎって、不安になります。もちろんすぐに、、、いやいや、もしもしでいいんだよ、、、と思って、ほっとします。電話の後、あのテンションと滑稽に満ち溢れた電話での英会話たちを思い出して、なんともいえない情けない気持ちになりますが、幸運なことにやるべきことが山積しているので、すぐに現実に引き戻されます。こんな思い出ももうすぐ忘れてしまう気がして-山積しているやるべきことからちょっとだけ逃避しつつ-ここに書き留めておきたいと思いました。

What's new?

2019年7月: 「新しいモノ好きな国民性」が経済の研究活動に与える影響に関する実証論文が Applied Economics Letters にアクセプトされました:

Novelty-Seeking Traits and Applied Research Activities," Tat-kei Lai and Kenji Sato との共著です。

2019年9月9日・10日: 

10th International Conference "Economics of Global Interactions" (バーリ、イタリア) にて "Is Income Inequality Always the Fellow Traveler of Average Consumption Growth? A Demand-Side Story (with Martine Carre)" を報告する予定です。

2019年9月29日 (日): 日本国際経済学会第78回全国大会 (JETRO) 貿易分析のフロンティアセッション にて、新しいモノ好きな国民性と技術波及に関する研究を報告します。

2019年10月12日 (土): 2019年度日本経済学会秋季大会 (神戸大学) にて討論者を務める予定です。

2019年10月18日 (金): マクロ経済学研究会 (大阪大学中之島センター)にて研究報告をします。