Thanks to Paris-Dauphine, III

レフェリーの仕事が、いままであれほど進捗がなかったのに、意外とすぐに片付いた。環境のおかげかなと思う。やっぱり、環境と生産性の間には、強い関係があるのだろうか。日本に帰ったら、研究室を掃除しなくちゃ、なんてオフィスでうかうか空手形を切って遊んでいたら、ランチに誘ってもらったので、行ってみる。同僚たち、みんな自然体、柔らかな感じで、明るくびっくりした。町で受ける人々の印象と、また違ったものがあって。

What's new?

2018年9月21日 (金)・22日 (土): Fukushima Economics Workshop 2018 にて発表します!