夏休みのはなし

採点が、終わった、ようやく。今年はひどく時間がかかりました。やる気の問題もあったが、加齢感がとにかく体にまとわりついて、どうしようもなく、この遅れは避けられなかったです。あさってからは、ポルトガル出張で、共同研究者たちとミーティングしたり、ヨーロッパ経済学会での、共同研究者、Antonio Neto さん(Junior Economist at OECD in Lisbon)による共同研究の報告に参加したり、ビール飲んだりします。目玉は、まさに正念場を迎えつつある、パリの友人との共同研究打ち合わせがあるので、いまから緊張しています。論文完成の、そしてパリ再訪の stepping stone になるように、なんとか目に見える成果を、小さくても、作りたい。と意気込んでます。帰国後は、高校生向けの講義の準備が待っています。いい年して、不意に意識高い系を標榜しだした者として、質はともかく、けっこう充実した夏休みになりそうじゃない?と、そこはかとなく、慎ましやかに、誰かに大声で伝えたくて、小さい自分を少しでも大きく見せたくて、このネットの極辺境地帯に書きました。読んでくれた方、どうもありがとう。(写真はポルトで、今度はリスボン。)

What's new?

2018年8月: パリドフィーヌ大学に招聘教授として滞在します。

2018年度春学期、続いてます、夏を夢見て、、、

 担当科目:マクロ経済学入門、経済数学I、経済成長論、入門ゼミ、演習II、演習III、経世済民の学び(一回分)、経済数学・代数(愛知大学)、経済数学・解析(愛知大学)、経済解析II(名古屋大学)。