時差ぼけと腰痛

時差ぼけと腰痛でしんどいです。共同研究者はとても忙しい人で、いろいろな人が訪ねてきては、ミーティングやらなにやらで、彼女を連れだしていきます。いま、僕は、彼女の研究室のお留守番をしながら、理論モデルの問題点の解決方法について考えています。

 エコノミーで12時間のフライトは、体に答えます。まず、ずっと座っていたので、腰が痛いです。あと、全然寝れなかったので、時差ぼけがひどいです。眠いとき、研究室から外を見ると、パリだなって思います。

What's new?

2019年7月: 「新しいモノ好きな国民性」が経済の研究活動に与える影響に関する実証論文が Applied Economics Letters にアクセプトされました:

Novelty-Seeking Traits and Applied Research Activities," Tat-kei Lai and Kenji Sato との共著です。

2019年9月9日・10日: 

10th International Conference "Economics of Global Interactions" (バーリ、イタリア) にて "Is Income Inequality Always the Fellow Traveler of Average Consumption Growth? A Demand-Side Story (with Martine Carre)" を報告する予定です。