空腹

完全に時差ボケで、ほとんど、日本時間で生活しています。定常状態における条件はエクスプリシットに導出しているのに、解析的にクリアーな結果が、どうしてもとれない。パリも明け方に差し掛かり、一本の数式をじっとみつめて、それといっしょに、うんうんうなっていると、なんだかおなかがすいてきました。夜――といっても、早めの夕食ですが――なに、食べようか。昨日のカフェコンスタンに、もう一度いってみるのも手である。気になる料理が、まだけっこうメニューにあったから。

What's new?

2019年7月: 「新しいモノ好きな国民性」が経済の研究活動に与える影響に関する実証論文が Applied Economics Letters にアクセプトされました:

Novelty-Seeking Traits and Applied Research Activities," Tat-kei Lai and Kenji Sato との共著です。

2019年9月9日・10日: 

10th International Conference "Economics of Global Interactions" (バーリ、イタリア) にて "Is Income Inequality Always the Fellow Traveler of Average Consumption Growth? A Demand-Side Story (with Martine Carre)" を報告する予定です。