セミナーの前はいつも風邪ひく

日々、厄年を噛みしめて過ごしている身としては、ちょっとでもいい事があると、いやいやそんな、まさか?でも厄年だしそんなはずは、もしかして?などと自問自答してしまう。離陸前の機中、technical problem とやらで2時間以上またされたり、へんな風邪ひいたり、洋服忘れたり、いかにも厄年的エンターテイメントを享受しては、厄年厄年とつぶやき、なりたけの醤油ラーメンがとってもおいしかったり、めずらしくパリが快晴だったり、セミナーに若干の手ごたえを感じたりするなど、ちょっといいことが起こると、好事魔多し、などと自戒する。厄年の人はみんな同じことしてるので、こんなこと書くのもつまらないことだが、あと約9か月ですか。健康に気を付けて頑張りたいです!

近況

Love of Novelty: A Source of Innovation-Based Growth... or Underdevelopment Traps? (with Tat-kei Lai and Kenji Sato) が  Macroeconomic Dynamics にアクセプトされました (4/12)

Two-dimensional constrained chaos and industrial revolution cycles (with Makoto Yano)” が Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS) に掲載されました! (1/27)

愛知大学経済学会主催による、新しい経済学研究のセミナーシリーズ「ささしまセミナー」を始めました!