研究費2018

ずっとどきどきしてたのですが、科研の基盤研究C(3年)が通ってたようなので、ほっとした。トヨタ財団の個人研究助成プログラム(2年)も。こちらは、採択率 3.3% と知りびっくり。人生史上最も狭き門をくぐってしまったようである、というか、身の引き締まる思いであります。

近況

新しいディスカッション・ペーパー

Furukawa, Yuichi, and Sumiko Niwa, Deflation and Declining Business Dynamism in a Cash-in-Advance Economy, RIETI DP Series 21-E-58.