研究費2018

ずっとどきどきしてたのですが、科研の基盤研究C(3年)が通ってたようなので、ほっとした。トヨタ財団の個人研究助成プログラム(2年)も。こちらは、採択率 3.3% と知りびっくり。人生史上最も狭き門をくぐってしまったようである、というか、身の引き締まる思いであります。

近況

愛知大学経済学会主催による、新しい経済学研究のセミナーシリーズ「ささしまセミナー」を始めました!

大幅改稿しました!

新しいディスカッション・ペーパー

Furukawa, Yuichi, Tat-kei Lai, and Sumiko Niwa, Explaining Declining Business Dynamism: A Monetary Growth-Theoretic Approach, RIETI DP Series 21-E-58.