「新しいモノ好き」の経済分析

新しい商品やアイディアを好む国民性が、かえってイノベーションの邪魔をする?

 

というようなテーマの論文を書きました(新奇性追求傾向とイノベーション)。苦節5年、なかなかなかなか、はやく publish したいです。

What's new?

2019年7月: 「新しいモノ好きな国民性」が経済の研究活動に与える影響に関する実証論文が Applied Economics Letters にアクセプトされました:

Novelty-Seeking Traits and Applied Research Activities," Tat-kei Lai and Kenji Sato との共著です。

2019年9月9日・10日: 

10th International Conference "Economics of Global Interactions" (バーリ、イタリア) にて "Is Income Inequality Always the Fellow Traveler of Average Consumption Growth? A Demand-Side Story (with Martine Carre)" を報告する予定です。