パリは摂氏3度だった

パリ出張、最初のミーティングを行ったところ、苦節何年か(たかが2年くらいだけど)、ようやく論文のドラフトが完成するんじゃねえかというような手ごたえを感じたような。気がしました。なんとなく気分がよかったので、ホテル近くのレストラン Chez Fernand にて1人飯を。めちゃくちゃ混んでて、ファミリーとか、仕事の仲間とか、カップルとか、観光客とか。1人はもちろん私だけなので、日頃より縮こまった自尊心を精一杯に膨らませて、雰囲気づくり、一人でもさみしくないぜアピールにつかれた。しかし、お料理はとてもおいしかった。いつもお世話になっている方ご推薦のお店、本当に、とてもおいしかったです。(かなりがんばって、こっそりとった写真、、、スターターにと頼んだもの。)

What's new?

2019年7月: 「新しいモノ好きな国民性」が経済の研究活動に与える影響に関する実証論文が Applied Economics Letters にアクセプトされました:

Novelty-Seeking Traits and Applied Research Activities," Tat-kei Lai and Kenji Sato との共著です。

2019年9月9日・10日: 

10th International Conference "Economics of Global Interactions" (バーリ、イタリア) にて "Is Income Inequality Always the Fellow Traveler of Average Consumption Growth? A Demand-Side Story (with Martine Carre)" を報告する予定です。