英語の勘違い

(updated on 4 May, 2019) 以下すべて、Oxford Advanced Lerner's Dictionary より

 

 

 

 

 

 

  • 気付いた瞬間青ざめました、なんでこんな勘違いかと、恥以外何物でもないです、、、novelty [ˈnɑːvlti] ですよねそりゃ、[nɑːˈvlti] (まちがい)はないわね。国内外で恥をかき散らしておりました、早く言ってーって感じです。英語は常に遠ざかる、なんて粋がっても、いやー。
  • reference ['refrəns] (リというよりはレなのか、、、)
  • hurt [hɜːrt] と heart [hɑːrt]、、、後者は BrEだそうで: hurt [hɜːrt] と hurt [hɜːt], heart [hɑːrt] と heart [hɑːt]. r の有無で、わけもなく後者に傾いてしまう。どうぜ正しい発音ができるわけでもないのに、、、
  • effort ['efərt] と effort ['efət]. 一時期、effect [ɪ'fekt] がイフェクトなら、effort もイフォートだろと、発表とかで 結構、イフォートイフォートうるかった暗黒時代があった
  • よくあることだけど、でも refer は [rɪˈfɜːr] なんだよなあ

What's new?

2019年5月後半: パリドフィーヌ大学に滞在して、人口成長と所得格差に関する研究を続けています。(肌寒いです)