電話はつかれる(えいごって0)

部屋のスペアキーをもらうために、何人かと(インドとロシアの人たち)電話で交渉。英語でたらいまわしにされると疲れる。途中、心が限界になり、おもわず「はい」と返事をしてしまうことも。なんとか、キーを受け渡してもらう運びとなった。

 

追記 2012/04/05

電話で気づいたこと。インドなまりがきつい人が相手であっても、二回目以降は意外とスムーズにコミュニケーションがとれる。結局、日本語でも、初対面の人と電話すると緊張することを思い出す。そして今日実際に対面してみたら、きわめてスムーズに会話が進んだ。英語能力が問題なのか、コミュニケーション能力が問題なのか、多くの場合はその二つの混合だろうが、切り分けて考えると少し気が楽になる。

 

再追記 2012/4/8

どうでもいいこと。受話器と耳をあるていど離すと英語が聞き取りやすい気が。

 

写真はバンクーバー、バラド駅の桜。

 

What's new?

2017年11月29日 (水) ~12月12日 (火): 

パリ・ドフィーヌ大学 (Université Paris-Dauphine) に招聘教授(Invited Professor) として滞在します。