まとめ

カナダに来てもうすぐ2年がたちます。振り返って、あっというま、というよりはけっこう長かったように感じています。けっこう、いろんなことがあったなあ、と。失敗から学ぶ、とよくいいますが、どうもその段階には達していないようで、失敗に慣れた、という感じです。今日も Longon Drugs という薬屋さんのお会計で、「 10 セント持ってないの?」って聞かれて、持ってない、といいたいのに「イエス、残念ながら」と答えてしまい、非常に矛盾に満ちた、よくわからない雰囲気になりました。以前はこのような状況に遭遇するたびに顔から火を噴出させていましたが、いまはすこし慣れました。ああまたそうなんだ、というような具合で、やや他人事みたいに。これが進歩なのか退化なのかは不明です、、、でも少なくとも何らかの経験だよな、と考えるようにしています。後日いろいろな失敗談を思い出したときに、そこから何かを学べればなあ、などと思っているところです。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    tamayo (金曜日, 28 3月 2014 10:06)

    「イエス、残念ながら」(笑)
    日本でも言ってそう。
    こちらは1週間くらい前から鶯が鳴き始めました。

  • #2

    furukawa-yuichi (金曜日, 28 3月 2014 10:45)

    こちらにいると一日に一回は頓珍漢なことをしでかしてしまい、なんだか四六時中混乱しているようなかんじです。(あるいは、昔から、、、)日本はだいぶ暖かくなっているのでしょうね。バンクーバーはまだだいぶさむいです。

What's new?

2017年11月29日 (水) ~12月12日 (火): 

パリ・ドフィーヌ大学 (Université Paris-Dauphine) に招聘教授(Invited Professor) として滞在します。