基盤研究C「停滞するビジネス・ダイナミズムと経済成長に関する定性・定量分析」

(課題番号 22K01405)

研究期間:2022年4月〜2026年3月

研究代表者:古川雄一(中央大学)

概要

  • リサーチクエスチョン: ビジネス・ダイナミズムはなぜ停滞しているのか?停滞するビジネス・ダイナミズムが経済成長に与える影響は?
  • 参入・退出率, 企業の年齢・規模分布など, ビジネス・ダイナミズムを特徴づける要因が内生的であるような, R&Dに基づく経済成長モデルを構築.
  • ビジネス・ダイナミズム停滞の原因とその経済成長への影響を定性・定量両面から分析.
  • 具体的には, 知的財産保護と金融政策に注目し, 国際的な進展がみられるこの分野の研究を, さらに発展させることを目指す.

近況

愛知大学経済学会主催による、新しい経済学研究のセミナーシリーズ「ささしまセミナー」を始めました!

大幅改稿しました!

新しいディスカッション・ペーパー

Furukawa, Yuichi, Tat-kei Lai, and Sumiko Niwa, Explaining Declining Business Dynamism: A Monetary Growth-Theoretic Approach, RIETI DP Series 21-E-58.