若手研究(スタートアップ)「知的財産権保護の強化が研究開発や経済成長に与える影響の理論的分析」

研究期間:2008年度~2009年度

研究代表者:古川雄一(中京大学)

概要:

本プロジェクトの研究成果は、一般的な動学的一般均衡モデルにおいて、国際的な知的財産権保護システムにおける私的企業の役割を明らかにしたことである。具体的には、私的企業が自社の発明を保護する行う投資(モニタリング、コピー防止、訴訟対策等)を行うインセンティブが強いほど、経済全体のR&D活動水準および技術進歩率が低下する可能性を明らかにした。また、このような私的企業による知的財産保護投資が存在する場合、発展途上国における知的財産保護の強さと先進国の技術進歩率の間に逆U字型の関係があることが示された。

Abstract:

This research project investigated the role of private firms' incentives to protect intellectual property protection for their inventions in R&D activity and the aggregate rate of technological progress. The major finding is that when firms have sufficiently strong incentives to protect their inventions, the aggregate rate of technological progress tends to be low. This research also shows that the rate of technological progress is maximized at a very lower level of the effectiveness of private activity for IPR protection.

 

 


研究成果

査読付き雑誌論文

  • Akiyama, T., Y. Furukawa: "Intellectual Property Rights and Appropriability of Innovation" Economics Letters 103. 138-141 (2009). 

学会発表

  • Akiyama, T., Y. Furukawa: "Survival of Innovation with Endogenous Appropriability" 日本経済学会春季大会. (2009年11月23). 京都大学. 

  • Akiyama, T., Y. Furukawa: "Incomplete Ownership and Appropriability of Innovation: A market Quality Analysis" the 84th WEAI (Western Economic Association International) Annual Conference. (2009年7月1日). Sheraton, Vancouver

  • Akiyama, T., Y. Furukawa: "Intellectual Property Rights and Endogenous Appropriability in a North-South Model" NIESGカンファレンス. (2009年6月7日). 東北大学

  • Akiyama, T., Y. Furukawa: "Intellectual Property Rights and Technological Openness" NIESGカンファレンス. (2008年12月3日). 愛知大学

What's new?

2018年8月27日 (月)~9月初旬: パリドフィーヌ大学に招聘教授として滞在します。

2018年度春学期、テスト・レポートの採点が終わりました!

 担当科目:マクロ経済学入門、経済数学I、経済成長論、入門ゼミ、演習II、演習III、経世済民の学び(一回分)、経済数学・代数(愛知大学)、経済数学・解析(愛知大学)、経済解析II(名古屋大学)。