トヨタ財団 研究助成プログラム (2017)

簡単にいうと、

 

「新しいもの好き」な国民性、文化慣習は、

 

社会全体のイノベーション創出にとって

 

プラスなのか?

 

というテーマの下、経済学的観点から、理論実証研究を行う。

 

 

 

公刊論文: 

Novelty-Seeking Traits and Applied Research Activities (with Tat-kei Lai and Kenji Sato), accepted at Applied Economics Letters, July 2019. 

(簡単な概要はここ

近況

愛知大学経済学会主催による、新しい経済学研究のセミナーシリーズ「ささしまセミナー」を始めました!

大幅改稿しました!

新しいディスカッション・ペーパー

Furukawa, Yuichi, Tat-kei Lai, and Sumiko Niwa, Explaining Declining Business Dynamism: A Monetary Growth-Theoretic Approach, RIETI DP Series 21-E-58.